Vitamix

Vitamixの歴史

バイタミックス社は、1921 年にモダンなキッチン用品を提供する企業として設立されました。1930年代には、ウィリアム・バーナード氏 ー かの有名な独学のセールスマン ーがデモンストレーションを開始しました。また、彼の息子であるビル氏のアドバイスにより、ウィリアム氏は1949年、TV通販番組でバイタミックスを放映したのです。これは、アメリカ史上初のTV 通販でした。製品のデモンストレーションが常にバイタミックス社の成功の鍵でした。その甲斐あって今や米国だけで毎年約1,900万台の出荷が予測されています。

バイタミックス社はいまだ家族経営の会社であり、全ての製品はクリーブランドで製造されています。設立当時から変わることのない根底にある信念を守り続け、現在Vitamix は世界80 ヶ国以上で販売されるまでに成長しました。バイタミックスは高性能なブレンダーを家庭の中心に置くという情熱的なユーザーの支持を作り上げてきたのです。そして過去20 年以上に渡って、世界中の有名料理人たちや料理学校、またレストランにおいて、バイタミックスは最高のブレンダーであるという絶対的な信頼と支持を得ているのです。
その間、バイタミックス社は創造性と食物の栄養を最大限に引き出せる一流の商品を提供しつつ、お客様と末永い関係を築いていくために、高品質保持と充実したカスタマーサービスの提供に全力を尽くしています。その結果により、業界の他ではみられないお客様の情熱的なご愛顧をいただいています。

1921年
ウィリアム・バーナード氏は一般家庭で使用できるモダンなキッチンツールを取り扱う企業を設立。
1937年
パパ・バーナード氏がプロダクト・ラインに原初のバイタミックスを導入。
1949年
パパがバイタミックスを史上初の情報番組型のテレビ通販に持ち込み、放映される。
1955年
ビル、ルース氏夫婦が家族経営の後継者となる。
1964年
バイタミックスが正式にバイタミックス社として正式名称となる
1969年
バイタミックス社が右回転も左回転もする3600/4000 という機種を発売。
「摩擦力」で調理ができる最初のブレンダーとなる。
1980年
グローバー・バーナード氏が統括に任命されると、
バイタミックスは販路をカナダに拡大。
同時に品質管理体制とカスタマーサービスが確立される。
1985年
ジョンと彼の兄弟であるフランクが史上初の業務用バイタミックスである“Mix'n Machine”を開発。
バイタミックス社で組み立てを行った初の製品である。
1992年
バイタミックス社はDrink Machine と一般家庭用次世代モデルを発売。
バイタミックス社でメイン商品の組み立てを開始。
1995年
バイタミックス社はTimer Blenderを発表。電子回路とパフォーマンス力を組み合わせることでブレンダーに革命を起こした。
米国中のスターバックスにバイタミックスが導入される。
1997年
バイタミックス国際事業部が創設され、
ジョディ・バーグ氏(第4世代)が開拓の先頭に立つ。
1998年
Vita-Prep が料理用機種として発表され、
一躍、プロの有名料理人たちから絶大な支持を得る。
1999年
周囲の環境を配慮した新製品
Blending Station を発表。
1999年
グローバーが退任。ジョン・バーナード氏が社長に就任する。
2007年
バイタミックス社は 革命的なVitamix 5200 を発売し、
さらに高い基準を設立する。
2008年
バイタミックス社の商業部門がVita-Mix XL を発売。
業界で最大のブレンディング能力を実現。
2009年
ジョン・バーナード氏が会長兼CEOに就任し、ジョディ・バーグ氏が社長となる。
2009年
バイタミックス社の商業部門がThe Quiet Oneを発表、
これまでのブレンダーの中で最も静音性に優れたモデルとなる。

このページの先頭へ