Vitamix

レシピ

大根おろしドレッシング〜梅じそ風味〜


大根、長いもはアミラーゼなどの消化酵素が豊富で、胃腸の働きを助けてくれます。すりおろして生で食べると消化を助けてくれます。梅干しのクエン酸は疲労回復に、大葉は抗アレルギー作用が注目されています。スプラウトには高い抗酸化力や解毒力があります。【ワンポイント】大根おろしは、高速で時間をかけるとジュースのようになってしまい、辛みも出やすいので、低速で手早く仕上げましょう。水気が出ないうちに、作ったら早めにいただくのがおすすめです。納豆と和えたり、冷や奴、ごはん、パスタのトッピングにしても美味しいです。

材料(4人分)

    • 大根 400g(10cm)
    • 梅干し 3〜4個
    • 塩麹 少々(梅干しの塩分量によって調整)
    • 大葉 6枚
    <サラダ>
    • 長いも、スプラウト、オクラなど 適量

大根おろしドレッシング〜梅じそ風味〜

作り方

  1. サラダの野菜を食べやすく切り、器に盛り付けておきます。
  2. 3〜4cm角に切った大根、種を取った梅干し、塩麹をコンテナに入れます。
  3. フタをして電源をONにし、スピードダイヤルを4〜5まで徐々に上げ、攪拌タンパーを使いながら約5〜10秒間撹拌します。
  4. 大葉を加え、お好みの程度に攪拌して砕き完成です。

ストロングみかんジュース


しょうががカラダを温めてくれるので寒い冬の朝にぴったりなジュースです。みかんや金柑に含まれるビタミンCとビタミンAは粘膜の抵抗力を高めるので「のどが痛くて風邪をひきそう」というときに飲むと効果が実感できます。【ワンポイント】みかんの水分がしっかり出るまで低速で回すときれいに混ざります。みかんだけをジュースにしても美味しいのですが、金柑を入れると鮮やかな黄色のビタミンカラーになり、柚子の香りは癒し効果も期待できますよ。

材料(1〜2人分)

    • みかん 4個
    • 金柑 4個
    • 柚子 1/8個(なくても可)
    • しょうが 約10g(1片)

ストロングみかんジュース

作り方

  1. みかんは皮をむき、柚子と金柑は種を取り、しょうがは皮付きのままよく洗います。
  2. リスト順に材料をコンテナに入れます。
  3. フタをして電源をONにし、スピードダイヤルを1〜10まで徐々に上げ、運転モードをHIGHに切り替えます。
  4. 約30秒〜1分間均一に混ざるまで撹拌して完成です。

風邪予防グリーンスムージー


風邪は引き始めが肝心。春菊はビタミンA、カロテン含有量が多く、鼻やのどの粘膜を守り、咳を鎮める作用があります。シナモンは殺菌作用が強く、カラダを温める効果があります。【ワンポイント】薄くやわらかい皮のみかんなら、よく洗ってから3個中1個くらい皮ごと入れてもいいです。シナモンはコンテナに入れて回してもいいですが、グラスに注いでから一振りすると香りがひきたち、アクセントにもなります。

材料(4人分)

    • みかん 3個
    • キウイ 1/2個
    • りんご 1個
    • シナモンパウダー 適量
    • 春菊 1/3束
    • 水 300ml

風邪予防グリーンスムージー

作り方

  1. みかんは皮をむき、キウイは上下の硬い部分を取り除き半分に切り皮ごと、りんごは1/8くらいにカットし、皮・芯・種ごと入れます。最後にシナモンパウダーと春菊を入れ、水を注ぎます。
  2. フタをして電源をONにし、スピードダイヤルを1〜10まで徐々に上げ、運転モードをHIGHに切り替えます。
  3. 約40秒〜1分間均一に混ざるまで撹拌して完成です。

やみつきドレッシング


玉ねぎは撹拌しすぎると辛みが出るので、時間差で最後に入れます。新玉ねぎのときには、最初から入れても大丈夫です。市販のドレッシングには添加物や保存料がたくさん。自家製なら、安心してお子さんにも与えられますよね。お子さん向けに、りんごやはちみつを入れても美味しいですよ。

材料(2人分)

    • にんじん 50g
    • にんにく 1/2片
    • アンチョビ 3枚
    • ごま 大さじ2
    • しょう油 大さじ4
    • オリーブオイル 大さじ8
    • 塩・こしょう 適量
    • 玉ねぎ(ざく切り) 50g

やみつきドレッシング

作り方

  1. 玉ねぎ以外の材料をコンテナに入れます。
  2. フタをして電源をONにし、スピードダイヤルを1〜10まで徐々に上げ、均一に混ざるまで約30秒間撹拌します。(HIGHモードじゃなくても大丈夫です)
  3. スピードを1に戻して、透明キャップを開け、玉ねぎを入れます。
  4. スピードは1のまま、玉ねぎのかたまりがなくなれば完成です。

ローのり巻き


かぶには、消化酵素のジアスターゼが含まれており、胃もたれや胸やけの解消などに効果があります。【ワンポイント】かぶの代わりに、カリフラワーやナッツ(アーモンド等)を使っても美味しいです。また、しそを加えても美味しいです。レタスやパプリカの代わりにきゅうりやにんじんを使うのもよいでしょう。味噌の代わりに梅をペースト状にしたものを使うのも美味しいです。

材料(3〜5人分)

    • かぶ 大2個
    • レタス 2枚
    • ブロッコリースプラウト 1/3パック
    • パプリカ(赤・オレンジ・黄) 各1/3個
    • 乾燥海苔 5枚
    • アボカド 1個
    • 白味噌 大さじ1
    • 白ごまペースト 大さじ1
    • しょう油 適量
    • わさび 適量
    • 塩 ふたつまみ
    • 水 適量

ローのり巻き

作り方

  1. 電源をONにし、スピードダイヤルを1〜4まで徐々に上げていきます。透明キャップを開け、かぶを上から落としみじん切りにします。
  2. コンテナからかぶを取りだし、下味として塩をまぶします。
  3. しばらくして水分が出たら絞ります。かぶがごはんがわりとなります。
  4. レタスを大まかな千切りにし、アボカド、パプリカを5mm幅の細切りにします。
  5. すまきの上に海苔をのせ手前1cmは空けて白味噌・ゴマペーストを厚めに塗ります。
  6. レタス、かぶ、パプリカ、アボカド、ブロッコリースプラウトをのせます。
  7. きつめに海苔を巻いていきます。巻き終わりに海苔に水をつけて、しっかりとめます。
  8. できあがった海苔巻きを6等分に切り、皿に盛りつけます。
  9. わさびじょう油をつけてお召し上がりください。
20 / 35« 先頭...10...1819202122...30...最後 »

このページの先頭へ